2010年2月11日 (木)

2010年4月の保育園入園

一次申し込み落選しましたweep

去年の4月入園で区立保育園に入れず、

保育ママさんに行っていたきさぼん。

一年待ったのに!

ポイントが低かったのか今年も落選です。。。

引き続き、二次募集の審査結果待ちしてますが、

どうやら昨日連絡が来なければだめだったみたいで。連絡来てません。

今の仕事を続ける限り、保育園を選ぶしかないので。

23区で激戦区と言われる地域なので、、ほんとにもぅ、とほほ、です。

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

せみんみんみん

きさぼん、蝉が気になります・・

久しぶりの記事に“せみ”っていうのもなんですが・・

もうすっかりセミの鳴き声ともお別れですね。

風を通そうと玄関とベランダの窓を開け放していると、

風と一緒に蝉の「み~んみんみんみん」も当然聞こえてきます。

きさぼんはどうも、あの「みんみん」が苦手みたいで、

顔を背けて『窓を閉めてっ』とゼスチャーして私やかりんとに窓を閉めさせます(汗)

冷房はあまり使いたくないんだけど、

保育ママのところで蝉の死骸を見てから(そのときは体を震わせて怖がっていたそうで)

怖がります。

怖がるのは、カーテンが風にそよぐのも、だめみたいで。

何事?!とこちらが驚くくらいに泣いて、

ひらひら動いているカーテンを指差して、『窓を閉めてっ』と。

虫侵入防止の玄関網戸(風が通るのに網戸なので虫はシャットアウトなのです)

を使っているのですが、これも風が強いと、怖がります。

怖がるのは、陰性すぎ?

保育ママさんとこで一緒の男の子に鍛えられて、だいぶせみには慣れてきたようですが。

面白かったので、書いておきたくて。

またぼちぼち更新します♪

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

別々の時間

きさぼんと私それぞれ保育園と会社へ・・

会社復帰の私自身、不安はいっぱいですが、日中知っている顔の誰もいない所へ行くきさぼんはもっと不安だろうなぁ・・なんて思いつつもどんどん時間は過ぎていよいよ慣らし保育が始まりました。

最初は午前のみ、お弁当なしで徐々に時間を長くしていきます。

初日は自分の状況をまったく理解できるはずもなく、きさぼんは保育ママさんに抱っこされて私にバイバーイ♪と手を振ってくれました。なんか拍子抜けです。でも数時間後にお迎えに行くとほっとした表情で泣きだしました。

二日目からはもうこれからどうなる(私と離れる)かがわかってしまったようで、大泣きでした。まず、私にぎゅっとしがみついて離れないし、顔をイヤイヤと振って意思表示、無理やり保育士さんが抱っこしてくれるんですが、足をばたつかせて(保育士さんの抱っこから抜け出ようとしてるんですね)手を私に伸ばして、「どうして抱っこしてくれないの?」と訴えかけてました。。ドアを閉めてからも漏れ聞こえてくる泣き声に私も切なくなりました。。

自分で決めたことだし、この辛さを乗り越えなきゃ。。

徐々に預け時間が長くなると、きさぼんの居ない間に大急ぎで家事を片づけ、復帰前に残された時間でお友達とランチしたり、出社の準備にお買いものをしたり、なんだかんだとやることだらけの(やりたいことだらけの!)毎日が過ぎて行きました。

私もきさぼんを預けることに慣れてくると、寂しい気持ちはもちろんありますが、妙にすっきりとした気持ちになりました。気持にめりはりというか、さっぱりした感じがして。預かってもらえて本当によかった、と。

慣らし保育が始まった時に保育ママさんが言ってました「預けてかわいそうって思っちゃだめよ。もちろん子どもにかわいそうって言うのも良くないしね。かわいそうなんじゃなくて、うちはお父さんもお母さんも頑張って働いているから、私も頑張るんだって思うようになるから大丈夫よ」と。うーん、かわいそうというか悪いな、という気持ちはありました。今も。

一人で身軽に移動できるってこんなに楽だったなぁ~と思いながら体もココロも徐々にきさぼんと別々の時間に慣れて行きました。

| | コメント (1)

2008年11月27日 (木)

突発性湿疹でした

熱はすんなり3日で下がり、その後まだらっぽい赤い平らな発疹が

40度を超える高熱ってすごいなぁ。体全体で放熱してる。

さすがにだるくなるのか、ぐずっている時間が長くなって、食欲も落ちてきた。

3日経って、熱が下がるのを待ってましたとばかりに、全身にまだらっぽく赤い発疹が出てきました。真弓先生も、「発疹が出てきたら恐らく突発性湿疹だね」と仰っていたので、なんだかほっとしました。

突発性湿疹は発症する子、しない子いるそうですが、最初の高熱が39℃に始まりすぐに40℃越えてしまい、あたふたしました。かりんとがきさぼんの身体の熱さにびっくりして大声を出したので、余計にどっきりしました。

最初はあたふたしたけど、いろいろな方にアドバイスをもらって段々と落ち着きを取り戻してきた私たちですが、いつもきゃっきゃといたずらをしたり、後追いをしていたきさぼんがぐったりしている姿はなんだか心痛む光景でした。

湿疹がひどくてぐちゅぐちゅのリンパ液が出ちゃってる時は、きさぼん本人もまだ痒いのか痛いのか何もわからないような月齢だったけど、この時はいかにもだるくて辛いよーと苦痛を理解しているようで、そばにいるだけしかできない私たちは無力だなぁとつくづく思いました。

まだら発疹が引いて、徐々に元気を取り戻してからは、またいつものきさぼんぶりが顔を出してきてほっとしたなぁ。でも以前よりちょっと甘えんぼになったかもね。

・・・ってこれ、10月の中旬のことだったんです。先月記事を書きかけてそのままになってました。今日(11月27日!)久しぶりに更新しようと思ってびっくりでした。わすっれっぽいよ、しっかりしてね私。

さぁ、書きたかったことをようやく更新できます。気を取り直して次の記事へ行きますcatface

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

穀菜食祭り と 初・熱

きさぼん、急に発熱しましたwobbly

気づけば2か月ぶりの更新になってしまいました・・・

会社への復職時期(来月11月)が迫ってきて、何やかやと動きがありました。そっちのほうは後で書こうと思います。

きさぼんは小柄だけど健康に育っていて、湿疹が酷かったことを除いては概ね順調で。

10月3連休の中日、みいにゃんさんに聞いた穀菜食祭りに三鷹まで行ってきました。

マクロビオティックのお惣菜やパン、お菓子、新鮮なお野菜の即売もあって、(メインはパネルディスカッションでしたが・・・)頭痛が酷いのについてきてくれたかりんとを待たせていたので、とにかくお買いものだけ!しました。。

せっかく写真撮ったのに画素数の上限超えてココログに使えませんでした・・とほほ。

  • りんご(こくさいや)
  • 厚揚げの酢豚風と根菜ボールのあんかけ、コロッケサンド(大森先生)
  • 甘酒スコーンと自家製酵母バナナパウンド(みいにゃんさんのお店)
  • 黒豆バーグサンド(ごぱん)
  • ココアバナナケーキ(アコルト)

あれ?いっぱい買ったつもりだったけど、これだけだったっけ・・・サンドイッチの高価格にびっくりしていたかりんと。そりゃそうだよね、原材料は厳選されたものだし、何より手のかかった品ばかりだもん。お隣で買い物してたご家族のお父さんも「これ、こんなに(高い!)するの?」とびっくりして奥さんに聞いていました。

開始時間直後に到着したのに、既に会場は人・人・人・・・でした。熱気でやっぱりかりんとは辛そうでした。寝ていたきさぼんも人ごみで起きてしまったので早々に会場を後にしました。かりんと、いつも結局付き合ってくれるんだよね、ありがとー。

お昼前には帰宅してきさぼんと一緒に三人でごはん。彼女は離乳食を、私たちは戦利品を!

具合の悪いかりんと(この頭痛は夏の排出なんじゃない?)はきさぼんと一緒にお昼寝しちゃったので、その隙にのんびりと読書をして夕食を支度をし始めたら・・起き出したかりんとときさぼん。なんかシンクロしてるね二人。

おむつ替えをしてくれたかりんとがきさぼんの体が異常に熱いと騒ぎだしました。測ってみたら39.0度ありました。かりんともわたしもちょっとおたおたしたけど、本人は機嫌も悪くないし元気。暫く様子を見ることにしました。

11か月にして、初めての発熱。きさぼんも辛いだろうな。私たちも最初は焦ってうろうろしちゃいました。

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

お日さまとともに

9か月になったきさぼんchickあっという間につかまり立ちが!

7ヶ月目にして、私の母乳育児史上最大のトラブル、乳口炎になってしまいました。

これがひどくなると乳腺炎になってしまうので、ショックだったしほんとに大変でした。乳首の先っぽに白斑と呼ばれる白い膿みたいなのがぽちっとできてて、おっぱいのたびに「何だか痛いかも?」と思っていたらあれよあれよという間に激痛が!母乳マッサージをしてくれるところに行こうと思ったものの、丁度週末の夜に痛み出して、急患で行くのも気が引けて・・・とにかく消毒とキャベツ湿布と頻繁に授乳して、すっごく痛かったけど(下着が擦れるのも痛いんですよ)私には珍しく根性で乗り切りました。自分で冷やしたり消毒したりして二晩目くらいにポロッとかすみたいなものが授乳のあとにくっついていました。まだ完全に乳腺が詰まっていなかったおかげで、先端のしこりのようなものが自然と取れてくれました。いっぱい吸ってくれてありがとう、きさぼん!

授乳生活も軌道に乗っていたし、どうして!?とその時の生活を見直してみたら、、ちょっと食事カロリーが高かったのと、3日連続の添い寝での授乳が思い当りました。きさぼんも私も寝ながらの授乳はどうも苦手で。。。飲み残しがおっぱいに溜まってしまったのかもしれません。立て続けに昼間外出して疲れていたんだなーと反省。

7か月半頃からようやく離乳食再開OKを漢方の先生に頂いたので8か月目は結構頑張りました。あ、私がです。

お粥は土鍋でコトコト炊いて、重湯から始めて、すりつぶして裏ごしした玄米をほんのちょぴっとずつ。でも穀物を初めて1か月過ぎたところで、とうもろこしやかぼちゃの裏ごしに挑戦してみると、たちまち渋い顔になってべーっと出しはしないまでも食事の途中で急にご機嫌斜めになってしまったりして、何度もご飯のみに逆戻り。野菜スープの上澄みは好きなので、触感とか、水分量が足りないのかも。そもそも甘味が足りないという事も思いついて米飴を足してみたり。試行錯誤の毎日で、こんなんでちゃんと固形のものも食べてくれるようになるのかしら~と心配。食べる量は少しずつながらも増えてるのでゆっくりのんびり頑張りますか。

赤ちゃんは(子供は)お日さまとともに起きて、日暮れとともに眠るような生活リズムが望ましい、と山村先生が仰っていたので、7月から早寝早起き生活しています。丁度気候もそんな生活にぴったりで朝の家事が捗るし、きさぼんはだいぶ早く寝てくれるようになったし、やっぱりお日さまのパワーは素晴らしいですね。

Pict0582 懸命にかりんとの携帯電話をチェックしているきさぼん。最近は鞄の中身を引っ張り出すのが大得意。赤ちゃんって好きですよね。バックとかの中身をごそごそ、どうやって見つけるのかちゃんと携帯とかお財布とか自分の興味のあるものを探し出します。きさぼんは携帯・お財布には目がないし、ふと声が聞こえないなぁと姿を探すと玄関のスリッパ立てに突進してスリッパを取ろうとします。汚いのに・・あと困るのがベランダに出ようとすること!洗濯物を干すのに一苦労です。何度も遠くにお座りさせてもすごい勢いでベランダまで近づいてきちゃう。でも笑顔で嬉しそうに突進してくるのもまた可愛いのです。

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

中野 楽々庵

週末限定OPENのお店なんですchick

カフェスローの記事と日にちは前後しますが、いろいろあってしばらくブログ更新できていなかったので思い出しつつUPしていきたいと思います。

土曜日のみ営業している中野の楽々庵さんへ夜ごはんに行ってきました。マクロなお食事処をそれほど好まないかりんとですが、なんだかんだ言いつつもいつもつきあってくれて感謝です。

中野ではお友達がカフェレストランを始めたのですが、そちらへ顔出しする前に楽々庵さんへ。

Photo 日替わり定食をオーダーしました。¥1,200で飲み物が選べます。私は自家製の生姜酵母で作って頂けるジンジャエールを。しょうがの刺激的なのに優しい味が印象的でした。

この日のメインは大豆たんぱくの唐揚げでした。。あぁ大豆です。でも折角来たので頼んでしまいました。夜のお客様は私たちの他に一組だけでした。なので、席で授乳もしつつ楽しくご飯させて頂きました。久しぶりに玄米食べました。やっぱり玄米はおいしいなぁ。

きさぼんはどんどん大きくなります。体重はほとんど増えないのに頭が大きくなってるような。最近お気に入りの唇鳴らしぱっぱをしながら、楽しそうにハイハイしています。八か月を過ぎてようやく前に這い這いできるようになったと思ってたら、スピードが速くなってる。いつのまにかキッチンまで来ちゃってたりして、舌を楽しそうにベーベーbleah出しながら前進しています。

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

離乳食一時停止

はじまったものの、三日目で一時停止ですweep

きさぼんの湿疹が一番ひどい時に紹介してもらった漢方医の先生から、離乳食一時ストップの指導があったのです。

この漢方医に予約を入れたのは2か月前・・・難治性のアトピー患者さんで2カ月先まで予約が一杯でした。当時はとにかく予約をお願いして診てもらうつもりでしたが、例の軟膏で今のところきさぼんの肌状態はほぼ完治したかのように思えたので、娘+私のアトピーをメインに診察してもらいました。

ところが。。。娘を診るなり、「アトピーの遺伝ですね。今は軟膏で一時的におさまっているけれど、これからの季節、またぶり返すことになるかもしれない」と。

何てことでしょうbearingすっかり良くなったと思っていたきさぼん。やっぱりアトピーを持っていたなんて。すごく落ち込みましたが、とにかく今の状態を保てるように処方された漢方薬を始めています。当然、離乳食も一時停止となりました・・

ずっと溜めこんでたおうちごはんキロク。かりんとに写真整理しないと捨てちゃうよと叱られてます。いっぺんに記録するんじゃ意味無いような・・しばらくご飯キロクはお休みしようかな。

Pict0326 豆のパエリア&きゅうりとわかめのバルサミコ和え

Pict0331 izumimirunさんのむっちりネギギョーザ

Pict0336 ふきとちびがんも・生麩の煮物

Pict0337 izumimirunさんの蓮根の磯辺焼き

Pict0340Pict0338 izumimirunさんのおから白和え と 菜の花のみそーす炒め 

Pict0341 Pict0345izumimirunさんのふわとろニラたま と いつもの大根

Pict0346 椎茸とうどの煮物 と 塩きのこの青菜和え

Pict0417 うーらさんの新玉かんぴょう丼

Pict0429 いんげんのくたくた煮 と 切干きゅうりの中華風和え

Pict0435 キャベツと栃尾揚げのあんかけ と 炒り豆腐

| | コメント (2)

2008年6月 5日 (木)

離乳食はじめ

7か月になったきさぼん、ようやく離乳食を始めることに・・riceball

Pict0446

湿疹っ子だったので、ゆっくり目でいい、と聞いていたのですが。私自身の腰が重くて・・・ようやく始めてみました。

5か月になった頃から、しきりとかりんと母が「離乳食そろそろじゃない?」とうるさく言われていたにも関わらず、めげずに始めてませんでしたpout だって月齢になったからとマニュアルみたいに言われるのもイヤだし、そんなマニュアル通りに進めるなんて思ってもいなかったし。すべては娘の様子で決めようと思っていました。結構頑固です、私。

第一、当の本人のきさぼんが「ごはんに興味無いわ・・」風だったのです。そんなきさぼんが私たちの食事にしきりに手を出してきたり、私のおやつのとうもろこしに必死で格闘を挑んで来るようになったので、そろそろかも・・と思い直したのでした。

サラママさんから教えて頂いたGAIA御茶ノ水での古本カフェイベントで、梅崎和子先生の離乳食講座に参加してきました。野菜の重ね煮を利用した離乳食も教われて、とても勉強になりました。

そんな訳ですっかり気を良くしたのもあって、やる気が出てきました。雨の中出掛けるのが憂鬱だったけど、行って良かった!

最初の3-4日は10倍粥の重湯からです。

7か月になって、きさぼんは一人でお座りができるようになりました!少しの間、機嫌良く一人遊びをしてるけど、目を離すとバランスを崩して倒れています。ぎゃーって泣いて知らせてくれるんですね。

Pict0150 母がきさぼん用の食器を贈ってくれました。。嬉しいんだけどかりんとと選んであげたいと思っていたので複雑な心境です。何でも先走ってしまう母だけどとってもかわいい食器たち、ありがたく使わせてもらいます。

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

歯と腕輪の関係

6か月になったきさぼんに歯が生えてきましたbleah

丁度6か月になった日。おっぱいの時に何やら白い線のような物がきさぼんの口にうっすらと見える!「もしかして、歯?え、もう歯って生えるの?」

Pict0402_2 無理に口の中を見ようとすると、舌をペロッと出してみたり、口を閉じてしまうし、泣いちゃうことも(義母の無理やりで大泣き写真!)・・・で、逆転の発想♪笑わせてみることに。。笑うとご機嫌に口をぱかっと大きく開けてくれます。そしたらやっぱり!半信半疑だったけど、この線は歯だわ!

あれよあれよという間にその下前歯はぐんぐん成長。2週間経つ頃には隣の前歯まで顔を見せ始めました。

こうやってどんどん大きくなって自立して行くんだな・・と少し寂しくもあり。こんなことで寂しがっていたらキリがないけど!でももちろん嬉しい気持ちのほうが大きいです。

歯が生え始めた事と関係は無いのかも知れないけれど、5月も20日になってようやくカイカイ防止の腕輪を外すことに成功しました。皮膚科の先生は内臓の成長とホルモンの分泌、この二つのバランスが整わない事で赤ちゃんには湿疹が出ることも、と仰っていました。ようやくこのバランスが整ってきたのかしら?山村先生に言われた小麦粉と甘い物警報が功を奏したのかな・・・

今まで何度も外そうとして、(祖父母が何度もうるさく言ってきて、そのたびに外してはみたものの・・・×)血だらけになるまで掻き毟っていたので、これは本当に嬉しかったです。よかったね、きさぼん!

Pict0407 最近のごはん。あな吉さんのかぶのつぶつぶたらこ風和えものと新じゃがの甘酒マスタード和え。

| | コメント (0)