« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

予防接種とお手当て

3か月健診のお知らせが届きました

きさぼんも今月3か月を迎え、ほっとした矢先に頬と頭皮にじゅくじゅく湿疹と四肢に乾疹が出始めてしまいました。。そしてどんどん拡がっています。

私がアトピー持ちで昔ステロイドを使っていたこともあるのでその排出か、きさぼんがお腹にいる時や妊娠前にに私が食べてきた物の排出かもしれません。

マクロビオティックの先生に相談したところ、

  • 妊娠中にマクロをしているとその子供は排出力が大きいので悪いものを体からどんどんだしてしまおうとする
  • だから、今無理やり薬を塗って抑えてしまうと皮膚とは別の形(病気)として排出されるだけなので、とにかく体の中から出し切らせてしまうのが良い
  • 目に見える排出(湿疹、眼やに、フケなど)は心配しなくても大丈夫
  • 痒みはその箇所に酸化した血液があるということで、原因は甘い物・果物・パンなどの粉もの
  • 痒がって血が出ても、それも排出の一部である

枇杷の葉の煮汁でじゅくじゅく湿疹をふいてあげます。頭皮はこれでだいぶ良くなりましたが、頬のじゅくじゅくはすぐに掻き壊してしまうのでなかなか良くならなくて・・

私が施術してもらっているテルミーの先生に診てもらったら、(いつも一緒に連れて行くので)「毒だししてるんだね」との事。やっぱりそうなんだ・・・痒い部分をテルミーしてあげると気持ちいいそうで、実際かけてもらうと、手で頬を掻くのをやめて気持ちよさそうにしてました。

その日からテルミーの器具をお借りして自宅でも頻繁にきさぼんにテルミーをかけてあげてます。不思議なことにテルミーすると眠りが深くて夜も痒くて頻繁に目を覚ましていたきさぼんも楽になったみたい。朝起きて、きさぼんに敷いていたバスタオルが血だらけになっていることもなくなってちょっと前進。

ただ、初節句を前にあまりにも湿疹がひどくてかわいそうなので、テルミーの先生に勧められた漢方のタイツ膏を試してみることに。漢方薬局に買いに行ってもらったらより刺激の少ないAPクリームを強く勧められたので、まずはこれを試しています。今のところ調子が良いみたい。

そうそう、タイトルにもした健診で予防接種があるんです。BCGです。予防接種はかりんとと相談して基本的には受けさせない方針なので、断らなきゃ。

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

ある一月の一日

娘が三ヵ月になりました。ほっーー。

2/4で三ヵ月を無事に迎えたきさぼん。

  • そろそろ首がすわりそう。
  • 手を振って大きな仕草であやすと体をよじって声を出して笑う♪
  • こぶしをちゅちゅっとなめる
  • おっぱいの飲み方がとっても上手になりました
  • たまに、じーっと自分の手を見て不思議そうにしてる
  • 黒々とした体毛(生まれた時はびっくり!)もすっかり抜けた!
  • 下唇が極端に引っこんでいてアヒルちゃんみたいだけどそれは歯が生えてないから?
  • アーアーとかアゥーとかのお話が日に日にたくさんできるように
  • 泣き声がどんどん大きくなってこっちがびっくり。特におっぱいが欲しい時は大声でわーん!と訴える・・ハイ!すぐに参りますとも!
  • ソファーの隅にちょこんと座っていられるようになった。いつもと違う目線が楽しそう☆
  • 爪でほっぺをひっかくので傷が絶えない・・
  • 頭に赤い湿疹ができた。最初は右側頭部で次第に大きくなり左側頭部と後頭部にもできてる。マクロの先生に聞いたら「お腹にいるときの排出だから無理に薬で抑えたりせずに、まずは排出させきらせてみて」とのアドバイスでした。様子見です。痒いのかどうか、よくわからないけど、痒がったら枇杷の葉の煎じ汁で拭いてあげるそうです。
  • ひじとひざの関節の外側にうっすらとかさぶたが剥けた跡を発見。これも排出?

1月頃の一日はこんな感じでした

6:30 おっぱい
8:30 おっぱい
10:00 スリング→ねんね
11:00 おっぱい
12:00 おっぱい
12:30 スリング→ねんね
14:00 おっぱい
15:20 おっぱい→ねんね
16:30 おっぱい
19:00 おっぱい
20:15 スリング→ねんね

この頃に比べると今はだいたい2時間おきにおっぱいだし、夜も長い日で5~6時間まとめて眠ってくれるのでほんと~に楽になったなぁと実感です。でもやっぱりどうして泣いてるのかわかんない事もしばしば(*_*)

ほんとによかったね。元気で育ってくれてありがとう。すくすくとぐんぐんと大きくなってくれて、母は腱症炎になっています。座骨と恥骨は未だに痛いし、テルミー通いは暫く続きそうです。

| | コメント (3)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »