« 赤ぼんとのお産<出産> | トップページ | 三鷹台 ほのカフェ »

2007年12月31日 (月)

入院生活@助産院

赤ちゃんとのおっぱい生活が始まりました☆

出産日を含めて5日間の入院生活でした。助産院では、バースプランに加えて入院中の希望も聞いて下さるので食事面も安心していました。

全部の食事ではありませんが、写真に残してみました。

Pict0109 Pict0110

Pict0117 Pict0123

毎食野菜たっぷりでボリューム満点の心のこもった温かい手作りです。お肉やかつおだしは除いてくれました。乳製品はおっぱいの出が悪くなるため出していないそうです。ほんとに美味しくて全部ぺろりと平らげていたマスカットです。

出産後3時間は横に寝たままで、1時間後と3時間後に出血の状態と子宮収縮具合をチェックされるんですが、毎回助産師さんに『戻りが良いですね~』と言われるので、なんだか嬉しかったです。これもマクロビオティックを取り入れた食生活のお陰なのでしょうか!

家族の宿泊は不可だったので出産当日から夜は一人です・・

『きさぼんが泣いたらどうしよう~』とか、『上手くおっぱいあげられるかな~』とか変に緊張してすやすやと隣で眠るきさぼんの顔を見ながら、初日はなかなか寝付けませんでした。

そんな母となってきさぼんと初めて過ごす夜、夜中の0時位に彼女はとても苦しそうな唸り声を上げて羊水(って後で知りました)を吐きました。新米母は驚いて、緊急コールしちゃいました。このか弱い小さな命がほんの些細な親の不注意で消えてしまうような不安が湧き上がり怖くなりました。

赤ちゃんの胃に溜まった羊水は徐々に吸収されていくはずだそうですが、吐きもどす事もよくあるみたいです。

二日目から、本格的におっぱい生活に入りました。

きさぼんは比較的、おっぱいをくわえるのが上手ね、と助産師さんに言われましたが、新米母は、上手にくわえさせるのに一苦労です。しかも新生児とは言えすごい力で乳首を吸われるため、先端から血が出るし薄皮も剥けました・・・そんなに簡単に行くはずないと予想はしていましたが、傷が治るまで痛い痛いの連続でした。助産師さんがユキノシタという薬草を採ってきてくれたんですが、カレンデュラクリームの効果はてきめんでした。傷がくっつくのが早かったです。ラノリン+ラップよりも効いたと思います。

二日目の夜も、きさぼんの寝顔を見ている事が幸せで嬉しくて、あまり眠れませんでした。ちゃんと睡眠をとらないとおっぱいが出ないのに、、、

三日目朝の検診で、会陰の傷を留めていたクリップ(助産院では医療行為ができないので縫いません)を外してもらいました。傷の回復も順調で、私にとっては傷よりもクリップの金具の方が痛いくらいでした。

四日目もまだ、おっぱいがうまくいかなくて(涙)、きさぼんの体重減少が心配と言われました。痛くて5分も続けられないのできさぼんもかわいそうでした。糖水をゴクゴク飲むきさぼん。。甜菜糖ですが、あまりあげたくは無かったです。翌日の退院前検診で体重が出生時よりも10%以上減少していてミルクを足すことを勧められました。ここが助産院でなく病院だったなら、即座にミルクを足さなければいけないそうですが、三日間の猶予をもらいました。

五日目。もう退院ですよー。あっという間。これからかりんとときさぼんと三人の生活が始まると思うと、嬉しいよりもちょっと不安が多かったかな。「何かあったらどうしよう・・」ってね。でも今思うととにかく泣いたらおっぱい、で何とかなりました。

休暇を取って迎えに来てくれたかりんとが沐浴の指導を受けて退院です。

|

« 赤ぼんとのお産<出産> | トップページ | 三鷹台 ほのカフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤ぼんとのお産<出産> | トップページ | 三鷹台 ほのカフェ »