« 仙太郎の和菓子 | トップページ | 週末Cooking »

2007年6月 8日 (金)

新宿 CANOVIETTA

自然派イタリアン 植竹隆政シェフのお店で夜ご飯してきました

ここ2週間、毎日深夜帰宅だった激務かりんとが珍しく早く帰れるとのメール受信!

帰宅してご飯を作る気力が失せて、新宿を徘徊していたところに助け舟の気分でした。

最初は、タイムズスクエアまで行くのを面倒がっていたかりんとを説き伏せて『まぁ、リニューアルしてまだ行ったこと無いんだし、いろんなレストランがあるよー』と引っ張っていく事に成功♪

金曜の夜だけって、どこの店舗も人が並んでました。。お目当てのCANOVIETTAも満席の看板が出ていてガッカリ。。もう20時過ぎてるし・・・と、途方に暮れていたら丁度一組お会計をしているようで、10分も待たずに席を用意してくれたのでした。ラッキー!

マクロビオティックではありませんが、こちらではバター・生クリームなどの動物性油脂やニンニク・唐辛子を使用せず、食素材が本来持つ豊かな味わいを最大限に引き出したお料理がいただけるんです。どのお皿も野菜がたっぷりで嬉しい~

¥3,990のコースです(他に¥6,825もありました)メニュー:私/かりんと

  • 前菜 スカンピの炙りカルパッチョ/穴子のポワレ 焼きリゾット添え
  • パスタ 生ウニとトマトクリームのスパゲッティーニ(+210)/魚介のペスカトーレ
  • メイン 本日の鮮魚のグリル(イサキ)/鮮魚のポワレ(平目) フルーツトマトソース

この日はデザートは我慢して、また次のお楽しみにしました。かりんとは甘いものはいいや、と乗り気じゃなかったし、スカンピの影響で急に背中がかゆかゆになってきちゃったので・・・更にお砂糖はまずいかな~と自粛。通し営業をしてるので、また近日!

初めての訪問でしたが、スタッフの皆さんとても丁寧な接客でした。サンペレグリノのグラスに普通のお水を注ぎ足されたときは、驚きましたが・・

鮮魚のストックがラスト一だったようで、かりんとのお皿は平目にチェンジをうまーく勧められたのですが(決して、あと一皿分しかないとは言いませんでした・・キッチンとの会話こっちまで聞こえてたのに!)、フルーツトマトのソースと相性が良くとっても美味しかったです。

久しぶりにゆっくりとディナーを楽しむ事ができて幸せなマスカットなのでした。

|

« 仙太郎の和菓子 | トップページ | 週末Cooking »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙太郎の和菓子 | トップページ | 週末Cooking »