« ブログはじめ | トップページ | たまには歩いて »

2007年2月20日 (火)

和服っていいもの

先週、お料理教室仲間のSちゃんに誘われてお芝居を観てきました。

頂いたチケットは前から4列目のほぼ真ん中辺り。あんなに舞台の近くで観れるとは・・

ほんとにラッキーでした!

「地獄八景・・浮世百景」という佐藤アツヒロさん、高橋由美子さん出演のこの公演は、

大小あわせて100作近くの落語が織り込まれているそう。

落語の知識は無くても素直に楽しめました。関西弁って人懐っこくて好きです。妙にこちらの警戒感を緩ませてくれるトコが・・・

そんな素敵なお誘いをしてくれたSちゃんどうもありがとう♪

で、出演者は皆和服だったんですけど、やっぱりいいなー。

一番最近着物を着たのは2年ほど前・・

折角母が準備してくれた振袖が箪笥の肥やし状態になっていたので記念に写真を撮ろうということになり。

もういい加減振袖を着れる年齢にも限界があるし。。。その時ばかりは思いっきりおしとやかに姿勢良くちょこちょこ歩いたりして。年に一度は和服を着たいわぁなんて思っていたのにそれっきりになってました。昔の人は着物で生活していたんだと思うと、ほんとに不思議。

そして着物の柄にうっとりしちゃう。柄一つ一つに意味があって、なんかこう、時代を問わずに素敵なんだなぁ。

|

« ブログはじめ | トップページ | たまには歩いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログはじめ | トップページ | たまには歩いて »